宅建業免許には更新があります

宅建業免許を1度取得すると生涯有効ではありません。

宅建業免許には有効期間が5年と定められています。

この期間を過ぎてしまうと、有効期間が切れたら宅建業を営業できなくなります。

引き続き宅建業を営む場合は、更新の手続きをしなければなりません。

更新申請は有効期間満了日の90日前から30日前までの間に行います。

この期間内に更新手続きを行わなければなりません。

ただし、更新申請を期間内にしたにもかかわらず、行政から何も連絡がないまま、有効期間が過ぎてしまった…。

そのような場合は行政から処分が下されるまでは宅建業を営業できます。

有効期間満了日以降は更新手続きができないので、新規申請扱いとなってしまいます。

更新申請の流れ

  1. 免許申請書の作成・添付書類の収集
  2. 申請窓口へ提出
  3. 受理・審査
  4. 免許(更新)の通知
  5. 免許証(更新)の交付

※更新の流れは新規申請の時とほとんど同じです。

新規申請時の営業保証金の供託、又は宅地建物取引業保証協会へ加入手続きはありません。

⇒宅建業免許の取得までの流れ

更新申請に必要な書類

法人の場合

  • 免許申請書
  • 身分証明書
  • 登記されていないことの証明書
  • 略歴書
  • 法人登記事項証明書
  • 総会議事録の写し
  • 事務所の平面図・間取り図
  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 納税証明書
  • 常勤する旨の誓約書
  • 供託書の写し

個人の場合

  • 免許申請書
  • 身分証明書
  • 登記されていないことの証明書
  • 略歴書
  • 代表者の住民票
  • 事務所の平面図・間取り図
  • 納税証明書
  • 常勤する旨の誓約書
  • 供託書の写し

対応地域

愛知県全域

名古屋市・千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・北名古屋市・東郷町・長久手市・豊山町・大口町・扶桑町・津島市・愛西市・弥富市・大治町・蟹江町・飛島村・半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町・岡崎市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・知立市・高浜市・幸田町・みよし市・豊橋市・蒲郡市・新城市・田原市・設楽町・東栄町・豊根村・豊川市・清須市・あま市

関連記事