免許には有効期間があります

宅建業の免許は1度取れば一生有効ということは残念ながらありません。

免許の有効期間は5年と定められています。

この有効期間は知事免許、大臣免許ともに同じです。

そもそも免許を得るには一定の基準が定められていてそれらをクリアすることによって免許を得ることができます。

しかし期間の経過とともにその基準を満たさなくなる可能性もでてきます。

そのため5年ごとの有効期間を定め、その都度更新申請によって一定の基準に適合しているか再び審査が行われます。

有効期間を経過しても引き続き宅建業を営む場合は、期間満了日の90日前から30日前までの間に更新の手続きをする必要があります。

更新の手続きをしないと、有効期間が経過後は免許が失効するので営業ができなくなりますし、失効後も営業を続けると罰則が科せられることになります。

関連記事