免許証が交付されるまでの流れ

  1. 必要書類の作成・収集
  2. 申請窓口に必要書類の提出
  3. 受理・審査
  4. 免許の通知
  5. 営業保証金の供託、又は宅地建物取引業保証協会へ加入
  6. 宅地建物取引業免許証の交付

1.必要書類の作成・収集

まずは、免許申請書の作成・添付書類の収集を行います。

免許申請書は各都道府県のホームページからダウンロードすることができます。

申請書類は正副一式ずつ作成します。副本はコピーでも可能です。

宅建業免許申請に必要な書類

2.申請窓口に必要書類の提出

申請窓口に必要書類を提出します。

原則郵送での申請はできませんので、直接窓口に出向いて申請します。

申請は申請書類一式と手数料(33,000円)が必要です。

3.受理・審査

正副一式ずつの申請書類を提出し、正本が受理され、副本は返却されます。

書類に不備がある場合、補正して再提出を求められます。

審査期間は受理後30日~50日程度です。

4.免許の通知

審査後、問題がなければ申請者にハガキが届きます。

5.営業保証金の供託、又は宅地建物取引業保証協会へ加入

営業保証金の供託を行うか、保証協会に加入するかどちらか選びます。

営業保証金の供託を行う場合は、主たる事務所の所管の法務局にて、営業保証金を供託します。

宅地建物取引業保証協会に加入する場合は加入手続きを行います。

どちらかの手続きが完了していない状況ではまだ宅建業を営むことはできません。

6.宅地建物取引業免許証の交付

免許証の交付がなされたら営業開始となります。

関連記事

お気軽にお問い合わせください。080-6909-3150営業時間 9:00-21:00[日・祝日除く]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。